M&Aのメリットを知れば安心して利用できる

会社を手早く拡大するには

説明する人

M&Aでビジネスの拡大を

ドッグイヤーと言われて久しいですが、近年のビジネススピードの速さには目を見張るものがあります。そのような状況において、自社のビジネスを素早く拡大するための方策として企業買収があり得ます。企業買収に当たっては、ターゲットとなる会社を慎重に見極める必要があります。自社のビジネスと十分なシナジー効果が見込めるかが重要であり、やみくもに会社を買えばよいという訳ではありません。その上で、よさそうな候補が見つかったら次に価格がどれくらいになるかを検討していきます。いくら良い会社でも価値に見合った価格でなければ高値掴みになる可能性があります。そのため、しっかりと元が取れる金額になっているかどうかを判断しなければなりません。この点については経営者としての眼力が問われるところです。次に、企業買収に向けて売主と協議を進めることになるのですが、その際に合意すべき条件には実に様々なものがあります。価格はもちろんのこと、売主・買主双方の契約上の責任に始まり、企業買収が完了したのちの従業員の取り扱いに至るまで枚挙すればきりがありません。合意した内容は契約書に落とし込むわけですが、素人が簡単に作れるものではないため、ここは弁護士などの専門家の力を借りることになります。大規模な企業買収となると、それ以外にもファイナンシャル・アドバイザーと呼ばれる投資銀行やコンサルタント、税理士や会計士などのプロのサービスを活用しなければ難しい場合もあります。そのため、時間、費用ともに相当な規模になることも考えられます。